前向きに仕事に取り組んでくれる

わかりやすい説明を聞く

話し合いをする際に、税理士から積極的な質問があるでしょうか。
質問がなく、こちらが税理士に聞いたり悩みを話したりするだけではいけません。
そのような税理士は、仕事に消極的である可能性が高いです。
すると節税の方法や、経営を向上させるためのアイデアなどをもらえません。
税理士に相談した意味がないので、積極的に力を発揮してくれる人を探しましょう。

話し合いの時に、書類などを用意して説明してくれる人が信頼できます。
また説明する時は、わかりやすい言葉を使う税理士がおすすめです。
難しい専門用語では、内容を理解できないでしょう。
知らずに、怪しい契約書にサインしてしまったら大変です。
きちんと、これは何のための書類なのか聞いてください。

すぐに電話が繋がる

依頼した後で、気になることがある時は税理士に電話をかけると思います。
その時に税理士が電話に出なかったら困るので、連絡しやすいことも選択する際の条件に入れてください。
事務所の固定電話の番号しか教えてくれない税理士は、連絡しにくい可能性が高いです。
いつ疑問を抱いたり、困ったこと訪れたりしても良いように、税理士の携帯電話の番号を聞いてください。

些細なことでも、気になったらすぐ連絡しましょう。
後で聞こうと思っていると忘れますし、トラブルが大きくなるかもしれません。
その頃になってから税理士に相談しても、解決するのに時間が掛かってしまいます。
何かが起こったら自分だけで判断せず、税理士から指示を聞きましょう。



TOP